2014年10月アーカイブ

cover_hbj japan.jpgのサムネイル画像
Human Being Journal Japan Edition 1

Human Being Journal Japan

logo.jpg
image.jpeg
Let's dig old gold next Sunday!!
VINTAGE MOTORCYCLE RALLY&SWAPMEET IN ATSUGI

myway_dixon_2014・ソ・・568A8570.jpg
photo by ken nagahara @dixson ca.

see you there!!!

roller magazine

_MG_3266.jpg
_MG_3292.jpg
_MG_3347.jpg
1949 H-D FL HYDRA-GLIDE METALLIC CONGO GREEN
cooperation:HAWGHOLIC
owner:Shinsuke Takizawa
photograph:Kentaro Yamada
from ROLLER MAGAZINE Vol.12

KTR

Human Being Journal Japan Edition 1

cover_hbj japan.jpg
■Human Being Journalとは

 毎年2〜3冊のペースで発行されるライフスタイル誌『Human Being Journal』。主にファッション、旅、フード、建築、アートを主な題材としています。実はこの雑誌は一般的な出版社がリリースするものではなく、アメリカ・ヴァージニア州リッチモンドに本拠を置く"Need Supply Co."(http://needsupply.com)というセレクトショップにより製作されています。そして今年2014年10月31日(金)に『Human Being Journal Japan Edition 1』が弊社ネコ・パブリッシング(製作はKINFOLK JAPAN編集部)より発売。さらには"Need Supply Co."のセレクトするアイテムが購入可能な日本語版オンラインストア(www.humanbeingjournal.tokyo)も間もなくオープンします。
■日本版1号 - 特集内容

 Human Being Journal Japan Edition 1では、現代的な"違い"の解釈について考えます。そうですね、テーマは"BABEL(バベル)"としましょう。
 本編を詳しく紹介すると、まずはデジタルアートとその可能性についてニューヨークに住むアーティスト、ラファエル・ロゼンダールと話し合います。続けてロンドンのスタジオでは、オリジナリティ溢れる出版物をリリースするUnit Editionsとの素敵な出会いが待っていました。もちろんまだまだ終わりませんよ。次は車に飛び乗り、チュニジアへと。そこでは気鋭の建築家によるアーキテクトの未来をみます。またシューズブランド"Common Projects"のふたりには大西洋の両側で会い、Apiece Apartというコンセプチュアルな服をデザインする女性ふたりとは、アメリカ南西部のアートとミニマリズムについて話し合いました。さらに我々は巨大なゴミ箱についても探求。加えて壮大なPoolプロジェクトを夢描き、実現した若者たちには、その舞台裏をレポートしてもらいました。そして最後に、我々は本号の製作をとおして素敵な友人たちを得ることができました。そこにはカバーガールのアナ・クラスも含まれています。 


 そうそう、忘れてはならない重大なニュースがありました! 本号は日本版の記念すべき第1号のデビューになります! ハロー、ジャパン!


 「日常の1歩先をキリトル」。我々の思いが伝われば本望です。

Human Being Journal Japan

BRIXTON 2015 SUMMER EXHIBITION

brixtonsummertokyo.jpg
カリフォルニアはオーシャンサイド発の帽子をメインとしたブランド、"BRIXTON"。
今月28日から3日間にわたり、来年4月にデリバリー予定のSUMMERアイテムを中心としたエキシビジョンを開催。もちろん一般のお客様の入場も可能なのでスケーターやサーファー、そしてバイカーにも"BRIXTON"の最新アイテムを手に取ってチェックして頂きたい。

BRIXTON 2015 SUMMER EXHIBITION
日程:2014年10月28,29,30日 11-18時
場所:PANOF E STUDIO 
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-14-9 ホワイトレジデンスB2
www.panof.jp/e-studio

KTR

TRIUMPH RIOT 4th

c0227366_1663779.jpg
the best meeting for OLD TRIUMPH

26 October 2014
10:00~16:00
don't miss it!!!

more info here

roller magazine

shibusashirazu orchestra

have you seen em

gonz

1947 H-D FL DRESSER

_MG_0401.jpg
_MG_0443.jpg
_MG_0609.jpg
owner:Atsushi Yasui(FREEWHEELERS)
photograph:Kentaro Yamada
from ROLLER MAGAZINE VOL.11

KTR

NICE! MOTORCYCLE/1952 H-D K

_MG_1735.jpg
_MG_1769.jpg
NICE! MOTORCYCLE/1952 H-D K
owner:LYNCH
photographs:Kentaro Yamada
from RIPPER MAGAZINE Vol.03

ROLLER MAGAZINE

ONE CALIFORNIA DAY

main.png
今年もやります! Surf、Skate、Vintage Car & MotorcycleをテーマにしたイベントONE CALIFORNIA DAY。当日はSOCALカルチャーが根付く日本屈指のシーサイドタウン、湘南を舞台に、サーフ誌Blue.、スケート誌SLIDER、ヴィンテージ・モーターサイクル誌ROLLERが主体となり、多彩なコンテンツをご用意します。もちろん男性だけじゃなく、女性や子供が楽しめる内容も充実。彼氏やパパがFISHFRYに夢中になっていたら、ぜひワークショップやショッピング、美味しいフードをお楽しみください。また、会場は全面芝生ですので、ビール片手に裸足になって、潮風と音楽に身をゆだねるのも最高にぜいたくです。しかも入場は無料!


さらに今回、ローラーマガジンは誌面でもお馴染みの以下3人のアーティストを招集。シーンを牽引する手練達が集結するデモブースは盛り上がること必至!
いよいよ今週末。10月5日は湘南・辻堂海浜公園で合いましょう!

PB302148.jpg
MASA SCULP
東京目黒区を拠点に活動するマサスカルプは、その名の通り立体造形を得意とする作家。“Pop”と“Madness”が同居する無二の世界観を投影したドロウイングも必見。デモブースでは自身が手掛けたアートピースと共に、人気アイテムである各種のラッキーチャームも販売予定。

_MG_2613.jpg
CUSTOM SOUVENIR SHOP ROAD

東京稲城を拠点に指輪やペンダントトップ、ウォレットチェーン、ピンズなどオリジナルデザインのアクセサリーを手掛ける金属造形作家。往年のモーターサイクルやホットロッド、KUSTOMカルチャーからのインスピレーションを匂わせるデザインで、スキモノたちからの支持も厚い。当日は定番人気アイテムだけでなく最新作も展示販売予定!


hoodooman のコピー.jpg
HOODOOMAN
東京稲城を拠点とするサインペインター/ピンストライパー。奇才Von Douthの筆さばきと昭和の看板屋のスピリットを併せ持つSuper Kultな職人だ。RIPPER MAGAZINEのロゴやYESTERDAZEのカバーも彼の仕事。当日デモブースではピンストライプのオーダーも可能。数量限定、早めのオーダーが吉!

ROLLER MAGAZINE

The Greatest Race on The Earth

RACE OF GENTLEMEN Oct. 3,4,5 2014 Wildwood NJ


It's just this weekend
Don't miss it!!


ROLLER MAGAZINE

vmrs-ura140930.jpg

vmrs-ura140930-02.jpg

”VINTAGE MOTORCYCLE RALLY&SWAPMEET”
11月2日、神奈川県厚木市で開催されるスワップミートに
ローラーマガジンのブースを出展します
会場では来場者とその愛機の撮影会も予定
ふるってご参加ください!

VINTAGE MOTORCYCLE RALLY&SWAPMEET IN ATSUGI
2nd Nov. 2014
see you there!!

ROLLER MAGAZINE

KINFOLK VOLUME THREE JAPAN TRANSLATION[1].jpg
内容紹介

「私たちが個人的に、そして集団的にどういう人間になるかというのは食事、過ごした時間、場所によって決まります」
ドライブや週末の旅行を企画するのにちょうどいい季節になりました。そして、夏のことを考え始めるのもいつも今頃です。作業の手を止めて夕日を眺め、窓やドアを開け放ち、春の空気を楽しみ、季節の変わり目を友人たちとともに祝うのです。
今号のエッセイや個人的な話は週末や次の休暇だけでなく、もっと日常を楽しむ方法を提案しています。食事、コミュニティ、飾り気のない普通の毎日をできる限り大切に過ごしてみませんか?
愛する人たちといただくおいしい食事と一緒に誰にでも取り入れることができる平日のアイデアを是非参考にしてみてください。もちろん、夏休みを楽しみにしつつです。
私たちの願いは、ご自分のコミュニティを築く手がかりを今号の記事を通して読者のみなさまが得ることです。オフィスの仲間で一緒に昼食を食べようとしているデザイン事務所。朝食を毎朝一緒にとろうと努力している夫婦。朝食と淹れたてのエスプレッソで自分たちの朝の習慣を生みだした若い家族。食事と人との繋がりは切っても切れない絆があります。ランチに行く日を決めるのも、お気に入りのレストランや地元の店を探すのも、または結婚へと繋がる初めての食事へ出掛けるのも、すべて食事と人なしでは成り立ちません。私たちが個人的に、そして集団的にどういう人間になるかというのは食事、過ごした時間、場所によって決まります。あなたにとって意味のあるそのテーブルへ戻る度に、その時間は人生の甘い思い出を刻んでくれるのです。

KINFOLK VOL.03 JAPAN TRANSLATION

KINFOLK JAPAN

アーカイブ

SLIDER MAGAZINE
ROLLER MAGAZINE - Buy Now!

-FOR OVER SEA DEALERS-

We are NOW able to deal with dealers who want to carry our magazine at your shop, such as ROLLER, SLIDER,RIPPER, and YESTERDAZE etc.

ROLLER and SLIDER are publishing 4 times a year, and RIPPER is 2 times a year.
Please check our face book account
or Instagram :@roller_magazine
for more update.

If you are interested to buy them, please contact here; roller@neko.co.jp
(Minimum order is 25 )
PLEASE NOTE : This is only for DEALERS who living in OVERSEAS. NOT FOR INDIVIDUALS.

Thank you!