2014年6月アーカイブ

STOOP MOTORCYCLES

_MG_2537.jpg
_MG_2550.jpg
1976 H-D FLH
owner:Yuji Daimon
photographs:Kentaro Yamada
from RIPPER MAGAZINE VOL.02

KTR

SLIDER VOL.19 in stores Now...

_vol_19_SUMMER.jpg
THE BEAUTY OF SKATEBOARDING
スケートボードが魅力的なワケ。

スケートボードの魅力とは何なのだろうか。
その答えは無数あり、ひとつの正しい答えになど絞ることはできない。
しかし、まずはPeople、Trip、Street、Eventという4つの分野をテーマに
スケートボードの魅力を検証してみようじゃないか。
Peopleでは、クリエイティビティやイノベーションを発揮し
信じる道をひたすら突き進む10名のスケーターたち。
Tripでは、世界中を旅するローレンス・キーフをフィーチャー。
Streetでは、東京のストリートに生息する若きクルーを垣間見る。
そしてEventでは、スケーターによるスケーターのためのコンテストをレポート。
本特集を通して、スケートボードの魅力を再確認していただければ幸いである。
そしてその他、多数の魅力的なコンテンツでお届けするSLIDER。

ぜひともチェックしていただきたい!

The reason why skateboarding rules? You can’t narrow it down to just one element.
Here we try to find out the answer by looking through four themes.
People, trip, street and event. We hope this feature will lead you to re-realize the reason why skateboarding rules.

Buy Now! Go To Amazon!

SLIDER MAGAZINE

CHANNEL ZERO / JASIN PHARES

jasin.JPG

ALBUM: Hardcore Devo: Volume One 

ARTIST:Devo 



俺は音楽に対して極めて幅広いテイストを持っていて、週によってお気に入りのバンドが変わっているみたいにも見えたりするんだ。でも’好きなバンドは?’と聞かれたときに、疑いなく答えるバンドはDEVOなんだ。好きなアルバムは、彼らの初期の作品’Hardcore Devo: Volume One'というコンピレーションアルバム。今では20年以上、DAVOは俺のトップリストに入っているよ。それに彼らの歌詞のタトゥーも腕に入っているんだ…'the fittest shall survive yet the unfit shall live' (型にハマるやつらも生きるが、ハマらないやつらはそれでも生きる’)。自分にすごくぴったりくる言葉なんだ。俺は誰もスケートをしないカンザスでスケートボードをして育ったんだ。本当に俺は輪から外れている奴だったし、絶対に輪に入ろうとしなかった。だから、彼らが'the fittest shall survive'と言ったときは、やつらは世間にハマろうと努力しては、結局ただ生きることで終わるんだって思ったんだ。その後に、'the unfit shall live'と続き、スケーターであった俺らが、型にハマらずとも違うやり方で人生を満喫できるかを考えた。俺はその言葉によって本当に生きているって感じたんだ。単純に駐車の縁石からはみ出した量の楽しみや、エナジーと情熱は、俺たちの生き方を証明してくれているんだ。


 I have a fairly broad taste in music and I have a new favorite band every other week it seems. When asked what my favorite band is and why I knew without a doubt it is DEVO. My favorite album they produced is a compilation of their early work entitled "DEVO hardcore volume 1". I've held DEVO at the top of my music list for over 20 years now. I have one of their anthems tattooed on my arm..."the fittest shall survive yet the unfit shall live". That makes so much sense to me. I grew up skateboarding in Kansas where no one else really skated. I was a true outcast and never followed the crowd. So when they said "the fittest shall survive" I thought of the jocks who strive to fit in and only end up surviving. Then they said "the unfit shall live" and I thought of how, we as skaters, don't fit it but we experience life in an entirely different way. I feel like we truly LIVE! The amount of energy, passion and enjoyment we can bring out of a simple parking curb is testimony to the way we "LIVE".

 

MUSIC SELECTED BY JASIN PHARES(HAROLD’S IRON WORKS)

ROLLER MAG

CHANNEL ZERO / JEFF DECKER

jeff.jpg ALBUM:For the Whole World to See
ARTIST:DEATH 


 自然に自分の興味がどこから来ているのか探るんだ。俺は南カルフォルニアで育ったおかげで、初めてコマーシャルなパンクロックをロスアンジェルス地域に持ってきた'Rodney on the Rock'や'106.7 KROQ' を聴くことができたんだ。虜にされたよ。この10年以上のあいだに、好きなアルバムはたくさんあって、俺は自分の精神を強めるため、良くするためではないけど、むしろシンプルにムードを高めてくれるために音楽を利用するんだ。元気のいい日にはThe Angry Samoansとthe Damnedを。考え込みたい日にはRobert Johnson & Tom Waits、そして悪い日にはthe Birthday PartyとBauhausを聴く。これを書いている今、俺は1975年にHockney兄弟が自らタイトルを付けたアルバム'DEATH'に気をとられているよ。このデトロイトのトリオ音楽は500枚を除いては、2012年まで日の目にでることがなかったんだ。これは隠されたお宝の美しいストーリなんだよ。このプロット・パンクのバイブは期待通りMC5とStoogesの要素を持っていて、それと共にRadio Birdmanと同じくらいにグルーヴィーなバンプが加わる。綺麗でパリパリしているポップなサウンドは、どんな音楽の趣味を持っている人であろうと、初めて聞いた時から共通点をみいだすことができるんだ。これは後にこのジャンルで出てくる形式ばったバンドたちの装飾や、決まりきった文句に汚されていないんだよ。


 I naturally seek the roots of my interests. Growing up in Southern California, I was able to listen to Rodney on the Rock, 106.7 KROQ, who brought the first wave of commercial Punk Rock to the Los Angeles area. I was hooked. Over the decades I have had many favorite albums, I use music to heighten my state of mind, not for the better, but rather to simply intensify the mood. The Angry Samoans and the Damned on a cheerful day, Robert Johnson & Tom Waits on a thoughtful day and the Birthday Party and Bauhaus on a bad day. As of this writing, I am taken by the Hockney brothers 1975 self titled album DEATH. This Detroit trio's music with the exception of only 500 singles did not see the light of day until 2012. It is a beautiful story of hidden treasure. This proto-punk vibe has a MC5 and Stooges sound as expected, with a bump as groovy as the Radio Birdman. A clean, crisp pop sound any man of taste will find a kinship, on the very first listen. It is not tainted by the trappings and clichés of later formula bands of the genre.

  MUSIC SELECTED BY JEFF DECKER ( HIPPODROME STUDIO )

ROLLER MAG

Tom Fugle

Tom Fugle from scott pommier on Vimeo.


a short movie by scott palmer
just amazing
I was deeply moved by this movie
gonz

CAHNNEL ZERO / TAMARA RAYE

tamara.jpg

ALBUM TITLE: Popular Favorites
ARTIST: The Oblivians

この数年の間に私の心に残っているアルバムはいくつかあるわ。その1つが1996年にCrypt RecordからリリースされたThe Oblivians の‘Popular Favorites’。これは私が10代のときに発見した宝物で、その当時ガレージロックのリバイバルはまったく新しい意味を持っていたの。オープニングトラックの‘Christina’のリズムから、このアルバムで勢いのあるポイント‘Do The Milkshake'、クラシックな曲’She’s A Hole’ や ‘Bad Man’を通りすぎて、最終的には‘Emergency’へと連れて行く。
このアルバムはまさに耳障りなもの。大量生産されていないため、見つかりにくいものになっているけど、もしかするとすべてのThe Obliviansのレコードがそうなのかもしれない。ただ、すごく良い混じりっけのないブルースのようなガレージロック。お尻を振って踊って、ヘッドバンギングが似合う曲は、私をどこかに連れて行き世界のみんなに’黙って!’と伝えたくさせるの。たぶんこれが10代の頃の私が‘はみ出しもの’だった理由を十分に説明していると思うわ。もう言う必要もないけど、私はこのレコードがすごく好きで、友人たちがすこし耳障りなデーィプソウルを必要としてあげれる時のために、何種類かのコピーをコレクションしているの。


There have been a few albums that have stuck with me over the years.  One of them is The Oblivians ‘Popular Favorites,’ released on Crypt Records in 1996.  I stumbled upon this gem in my teenage years, and garage revival took on a whole new meaning.  From the stomping opening track ‘Christina,’ to the point where the album picks up momentum with ‘Do The Milkshake’ through the classic tracks ’She’s A Hole’ and ‘Bad Man’, finally leading out with ‘Emergency’- this album is straight up raucous.  You won’t find a shred of overproduction on this, or any other Oblivians record for that matter- just raw unadulterated blues-driven garage rock.  These ass-shaking, head-bobbing songs make me want to go out and tell the world to sit and spin- which probably explains why I was such an outcast as a teen.  Needless to say, I love this record.  I keep multiple copies of it in my collection, to give to friends that need a little abrasive southern soul in their life.







MUSIC SELECTED BY TAMARA RAYE (THE BLACK TIBETANS)

ROLLER MAG

SLIDER MAG VOL.19 6/30 in stores...

_vol_19_SUMMER.jpg

THE BEAUTY OF SKATEBOARDING
スケートボードが魅力的なワケ。

スケートボードの魅力とは何なのだろうか。
その答えは無数あり、ひとつの正しい答えになど絞ることはできない。
しかし、まずはPeople、Trip、Street、Eventという4つの分野をテーマに
スケートボードの魅力を検証してみようじゃないか。
Peopleでは、クリエイティビティやイノベーションを発揮し
信じる道をひたすら突き進む10名のスケーターたち。
Tripでは、世界中を旅するローレンス・キーフをフィーチャー。
Streetでは、東京のストリートに生息する若きクルーを垣間見る。
そしてEventでは、スケーターによるスケーターのためのコンテストをレポート。
本特集を通して、スケートボードの魅力を再確認していただければ幸いである。
そしてその他、多数の魅力的なコンテンツでお届けするSLIDER。

ぜひともチェックしていただきたい!

The reason why skateboarding rules? You can’t narrow it down to just one element.
Here we try to find out the answer by looking through four themes.
People, trip, street and event. We hope this feature will lead you to re-realize the reason why skateboarding rules.

SLIDER MAGAZINE

CHANNEL ZERO / DEAN MICETICH

dean.jpg
ALBUM TITLE: ELVIS PRESLEY 
ARTIST: ELVIS PRESLEY 

このレコードは俺が6歳のときに両親がくれた最初のレコードなんだ。
覚えているのは、このカバーをみて「こいつスゲーかっこいい!」って思って、すぐさまレコードプレーヤーに1曲目をかけたこと。その曲は'Blue Suede Shoes'っていう曲で、最初に耳に入ってきた歌詞は”1つめはお金のため、2つめはショウのため、3で用意ができたら、さあ行くぜ!”って。俺は「HOLY SHIT!!この音楽はなんだ?!」ってなったんだ。アップテンポですごく良くて、力強いエナジーを持ってるように感じたんだ!これが俺の初めてのロックンロールのテイストに触れたとき。それからというもの、俺はそれの虜になって、まるで悪いドラッグにハマったみたいにもっと好きになりたいと思ったんだ。それはただただ、すごいインパクトを持っていて、それが与えるフィーリングは説明すら出来ないほどのものだった。
面白いと思うのは、それから32年たった今でさえそれはまったく同じインパクトを持っているんだ。このアルバムに入っているすべての曲は素晴らしくて、もしかしたらこの数年で俺は5000回以上聴いてるかもしれないけど、まったく古いと感じない。ベットルームに立っていたあの1986年からというもの、Elvis Presleyは俺の最高のヒーローになって、未だに彼のすべてを好きになろうとしているんだ。俺はゲイではないし、男とセックスすること自体あまり良いことに思えない、、、。相手がElvis Presleyでない限りはね。 


This was the first record ever given to me by my parents when I was 6years old. I remember looking at the cover and thinking; “This guy
looks fucking cool!” Then put it on the record player, Side 1, Track1, it was a song called 'Blue Suede Shoes'...and I heard; “Well it’s a 1 for the money, 2 for the show, 3 to get ready now go cat go!” HOLY SHIT!!! What was this music?! It was so fast and so raw and had so much energy! It was my first ever taste of Rock n Roll and from that second I was hooked and wanted more like it was a bad drug habit! It had such an impact on me I can't even describe the feeling it gave me.The funny thing is, it still has exactly the same impact on me 32years later. Every single song on this record is amazing and I have probably listened to it 5,000 times over the years and it never gets old. From that day when I was standing in my bedroom in 1986, Elvis Presley became my biggest hero and I still try be like him in every way. I’m not gay and I hate the idea of having sex with a man…unless it was with Elvis Presley.






MUSIC SELECTED BY DEAN MICETICH (DICE MAGAZINE)

ROLLER MAG

roller 11 from GONZ on Vimeo.


check it out
gonz

G String Orchestra

a0587627384_10.jpg

The G String Orchestra plays traditional and original eastern European folk and klezmer music and is based out of New Orleans, LA. GSO is currently an instrumental trio consisting of violin, accordion, and double bass playing pan-Balkan music ranging from romantic waltzes to driving coceks, pulsing horas to foot moving bulgars, heart wrenching greek rembetica ballads to the hungarian czardas!

love this band much
gonz

THE TOKYO HUNDREDS 原宿の肖像

isbn907435004.jpg
Directed by NEIGHBORHOOD 20th ANNIVERSARY ISSUE
長濱 治 / 著
Osamu Nagahama
“THE TOKYO HUNDREDS”
2014.06.27発売 ISBN:978-4-907435-00-4 ¥4,000+税
A4変形(271×201mm) 208ページ


東京ひいては世界のストリートで人気を博す裏原宿発の
NEIGHBORHOODが2005年春夏シーズンからの不定期刊行で
年2回展開しているブランドムック『NEIGHBORHOOD MAG.』。

その中で第1弾から連載しているのが、
あの『地獄の天使』で知られる写真界の大巨匠・長濱 治氏による
ポートレイト集“AGE OF APOCALYPSE”。

本書は、NEIGHBORHOODとインディペンデントな原宿カルチャーを取り巻く
その友人達100名をコンパイルした集大成的写真集。
遂に発売!


Go to Amazon Here!!

Don't miss it!!!

ROLLER MAGAZINE

CHANNEL ZERO / MAX SCHAAF

max.jpg

ALBUM TITLE: TEXAS MOON
ARTIST:DAVID ALLAN COE


俺みたいに特にムーディーなやつに、お気に入りのアルバムをピックップしろなんてほとんど不可能な事だよ。ムードによっては、BlitzからBob Dylanにだってなりうるんだ。いつでも良く聞こえるレコードは、DAVID ALLAN COEと彼のTexas Moonのレコードだね。Fuzzy was Outalwと呼ばれてる彼のオリジナルの曲を除いて、そのほとんどの曲は彼が称賛する曲のカバーによってなっているアルバムなんだ。 その曲は、モーターサイクルに乗っている男の話で、偶然にもCOE自身もアウトローで文字通り、アウトローなモーターサイクルクラブにも所属していた。カバー曲の中でのお気に入りは、Jackson Brown'sのThese Daysとい曲。一見COEがこの曲をカバーしてアルバムに入れるのは少し変にも見えるかもしれないけど、それはすごく良くカバーされているんだ。Brown’sのカバーに関して言えば他にも2曲くらいすごく好きなのがある。Guy Clarkによって書かれたThat Old Time Feelingは美しいし、Billy Joe Shaverの曲のカバー、Ride me Down Easyは俺の葬式に是非かけてもらいたい1曲だよ。

そう、これが今の俺のチョイスかな。コーヒーとストーブの上で調理される卵で朝目覚めるのに良いレコードだよ。人生は良くもあるし、悪くもある、このレコードはそんな時に相手になってくれる1枚なんだ。


  It is almost impossible to pick a favorite record, especially when you're as moody as i am. Depending on the mood I'm in it could go from Blitz straight in to Bob Dylan. One record that always sounds so good to me is DAVID ALLAN COE and his Texas Moon record. It's mostly covers of songs he admired, aside from an original of his called -Fuzzy was an Outalw- about a motorcycle riding man, coincidentally David Allan Coe was an Outlaw, literally in the Outlaw motorcycle club. One of my favorites is his cover of Jackson Brown's -These Days-,it seems to be very odd for COE to cover this song but he does it so well. Along with the Brown cover there are two other covers that i really love, -That Old Time Feeling, written by Guy Clark is beautiful, as well as -Ride me Down Easy- a cover of a Billy Joe Shaver song, that you are more than welcome to play at my funeral. So, that's my pick at the moment. It's a good record to wake up to over a cup a coffee and some eggs cooking on the stove. Life is good and bad and this record will keep you company through it.







MUSIC SELECTED BY MAX SCHAAF (4Q CONDITIONING)

ROLLER MAG

tokyo midnight club 02 / part 5

1_MG_0841.jpg

2_MG_0885.jpg


3_MG_0808.jpg


4_MG_0864.jpg

5_MG_0813.jpg

6_MG_0818.jpg


7_MG_0888.jpg

8_MG_0831.jpg


8_MG_0823.jpg

9_MG_0801.jpg

10_MG_0909.jpg


l_MG_0715 コピー.jpg
photographs:kentaro yamada

that's all folks
hava a good rainy weekend

roller magazine

THE SHRINE / japan tour august 2014

iあmage.jpeg
遂に来日!!
the day has come!!
THE SHRINE japan tour august 2014
presented by felem skates

can't wait!!
gonz

tokyo midnight club 02 / part 4

_MG_0812.jpg


_MG_0890.jpg


_MG_0816.jpg


_MG_0863.jpg


_MG_0821.jpg


_MG_0933.jpg

_MG_0827.jpg


_MG_0829.jpg

_MG_0951.jpg

_MG_0836.jpg

_MG_0935.jpg
photographs:Kentaro Yamada

to be continued

roller magazine

kenny dixon jr.


who in on duty tonight

gonz

the black keys


Music-Post-The-Black-Keys-Brothers.jpg
love this album


tbk-turnblue_3.png
THE BLACK KEYS new album"TURN BLUE"
now on sale

gonz

STANCE from RIPPER mag Vol.02

_MG_3696.jpg
_MG_3706.jpg
_MG_3704.jpg
1941 H-D FL
owner:Yasuhiro Nakai
cooperation:STANCE
photograph:Kentaro Yamada
from RIPPER MAGAZINE VOL.02

info.jpgのサムネール画像
Next RIPPER MAG is 07.03 in stores...
“斬捨御免”再来。

KTR

THE SHOP SAM'S TOKYO

_MG_2151.jpg
_MG_2159.jpg
_MG_2039.jpg
1947 H-D FL
owner:Sasamori
photograph:Kentaro Yamada
from RIPPER MAGAZINE Vol.02

KTR

tokyo midnight club 02 / part 3

9_MG_0879.jpg

0_MG_0892.jpg

1_MG_0854.jpg

2_MG_0848.jpg


3_MG_0794.jpg


4_MG_0932.jpg


5_MG_0802.jpg

6_MG_0860.jpg


7_MG_0795.jpg


8_MG_0806.jpg

10_MG_0845.jpg

11_MG_0921.jpg
photographs:Kentaro Yamada

to be continued

roller magazine

tokyo midnight club 02 / part 2

2_MG_0687.jpg


_MG_0680.jpg


_MG_0682.jpg


_MG_0683.jpg


_MG_0681.jpg


_MG_0720.jpg

_MG_0721.jpg


_MG_0758.jpg
photographs:Kentaro Yamada

to be continued

roller magazine

ripper magazine vol.03

Jeff's PANHEAD for RIPPER magazine from scott pommier on Vimeo.


ripper magazine vol.03
2014.07.31
on sale

roller magazine

yellow eagle run 1st


shooting movie by NORI /LITTELE WING ENGINEERING
there is an article of this memorable ride on roller magazine vol.11
_MG_0241 のコピー.jpg
roller magazine

tokyo midnight club 02

1_MG_0685.jpg

2_MG_0692.jpg


3_MG_0723.jpg


4.jpg


5_MG_0736.jpg

6_MG_0751.jpg


7.jpg


8_MG_0725.jpg

9_MG_0760.jpg

10_MG_0781.jpg


11_MG_0727.jpg


14_MG_0694.jpg

15.jpg
photographs:Kentaro Yamada

to be continued

roller magazine

Haru and Mina

IMG_6596.jpeg
IMG_6594.jpeg
香川県高松市のアートギャラリー“BOOK MARUTE”にて、
KINFOLKでも活躍中の写真家 濱田英明さんの写真展『Haru and Mina』が開催中です。
本日発売のKINFOLK JAPAN EDITION VOLUME FIVE はもちろん、
バックナンバーも合わせて販売しておりますのでお近くの方は是非!

『Haru and Mina』
日時:6月1日(日)~6月16日(月)13:00-20:00【火・水曜 定休日】
会場:BOOK MARUTE 香川県高松市北浜町3-2
https://www.facebook.com/BookMarute

Hideaki Hamada
http://hamadahideaki.com

KINFOLK JAPAN

KINFOLK-japan-05_COVER72.jpg

内容紹介

「海はいったん魔法をかけると、人をその魅惑の網に永久に閉じ込める」
JACQUES-YVES COUSTEAU

塩なくして夏を語ることなどできません。私たちは、想像以上に海、そして塩と深いかかわりを持っています。だからこそ、気温が上昇すると、一番近い海へと向かって頭から飛び込みたい衝動に駆られるのでしょう。海辺で1日を過ごした後に唇からずっと塩の味がとれないのは、最高の夏の日を過ごせた証拠。本号では、さらに夏の日々を楽しむ術をご紹介したいと思います。

今回の夏号は“Saltwater Issue"。万国共通のミネラル、そして夏の季節に欠かせないこの調味料を探っていきます。本号は文化的背景、海、海辺に住む人たちの視点を通して塩というものをご紹介していきます。これは、食の歴史がところどころに散らばった、爽快な夏号です。

イカやスタインベックをテーマにしたエッセイ、かき氷やフィッシュタコスのレシピ、そして夏のアルバイトや船乗りのタトゥーのイラストガイドもあります。真っ赤に炎症を起こすことなく効果的にビタミンDを体内で生成させる方法は私たちの肌を守り、“How To Be Neighborly"のコラムはウィットに富んだビーチでの快適な過ごし方を教えてくれます。食の専門家には現代の塩事情についてお伺いしました。そして、塩と深い関係も持つ南アメリカのふたつの国へと読者のみなさまを誘います。まずは世界最大の塩原として知られるボリビアのウユニ塩原、そしてインカ帝国時代以前からの塩田が残るペルーのマラス。

カリフォルニアの海岸線に砂で広大な模様を描くアーティストの創作過程をご紹介し、砂浜に巨大な彫刻を作りたいというあなたのために砂の彫刻家にアドバイスをいただきました。そして、本号はふたりのマークのご協力なくして完成することはできませんでした。マーク・ビターマンとマーク・カーランスキーの著書は、塩に対する認識を高める役割を果たしました。そんな彼らにキッチンの内と外の話を伺いました。その他にも、海洋生物学者をはじめとする海のエキスパートたちに海について語っていただき、マンハッタンの地上17階の屋上で塩作りをする職人の活動にもスポットライトを当てました。

最後に、上に述べた記事を読み終えた後は、是非とも本号から立ち去る、または泳ぎ去ってください。そして、夏の味覚と感覚を大いに楽しんでいただきたいと思います。さあ、海の中へ。水はもう温かいですよ。

KINFOLK JAPAN

SPORTY GARAGE

_MG_4209.jpg
1971 H-D XLH DIGGER

cooperation:Sporty Garage
photograph:Kentaro Yamada
from RIPPER MAGAZINE Vol.02

KTR

ROLLER MAGAZINE - Buy Now!
SLIDER MAGAZINE
KINFOLK

-FOR OVER SEA DEALERS-

We are NOW able to deal with dealers who want to carry our magazine at your shop, such as ROLLER, SLIDER,RIPPER, and YESTERDAZE etc.

ROLLER and SLIDER are publishing 4 times a year, and RIPPER is 2 times a year.
Please check our face book account
or Instagram :@roller_magazine
for more update.

If you are interested to buy them, please contact here; roller@neko.co.jp
(Minimum order is 25 )
PLEASE NOTE : This is only for DEALERS who living in OVERSEAS. NOT FOR INDIVIDUALS.

Thank you!